高血圧とメタボリックシンドロームの関係

高血圧とメタボリックシンドロームの関係

《高血圧とメタボリックシンドロームの関係》

 

メタボリックシンドロームとは、内臓脂肪の蓄積によりインスリンの働きが悪くなり耐糖能異常、脂質代謝異常、高血圧などの動脈硬化の一因が集結している状態のことをいいます。
まずはメタボリックシンドロームの診断基準を紹介します。
内臓脂肪蓄積 男性85cm
女性90cm
以下のうち2項目以上
・血清脂質異常トリグリセリド値150mg/gL以上
 HDLコレステロール値40mg/dL未満のいずれか、又は両方
・血圧高値 最高(収縮期)血圧130mmHg以上、最低(拡張期)血圧85mmHg以上
・高血糖 空腹時血糖110mg/dL以上

 

メタボリックシンドロームは高血圧とどのような関係があるのでしょうか?
両者の関連性はインスリン抵抗性にあります。インスリン抵抗性とは、糖が負荷されたときに血糖を下げるための力を得るために多くのインスリンを必要とする状態のことです。つまり、同じインスリンの量でも標準体型の人より肥満の人はより多くのインスリンを必要とします。インスリンの効果が得られにくい状態です。
インスリン抵抗性の要因には、肥満や運動不足、過食などがあります。
そして、インスリン抵抗性は交感神経を活性化させたり、血管収縮や血管平滑筋の肥大を促進させたり、尿細管からのNaの再吸収を増加させ、結果的に血圧を上昇させると考えられています。
また、肥満を伴う高血圧は心肥大を起こしやすいと言われています。
高血圧の予防のためにも、肥満改善は効果的と言えるでしょう。


高血圧とメタボリックシンドロームの関係関連ページ

高血圧とは?基礎・基本
血圧に関しての基礎知識
高血圧の検査値
血圧が高いというのはどのくらいの血圧から?ガイドラインは?
本態性高血圧と二次性高血圧
本態性高血圧と二次性高血圧についての高血圧の分類
高血圧の自覚症状・合併症とは
高血圧なると、どんな体の変化、自覚症状がでるのか?
高血圧症の方の適正体重と血圧測定
正しい体重と、血圧測定で高血圧の予防や自己管理を!
高血圧の自覚症状
高血圧の自覚症状について
高血圧の合併症 死の四重奏が怖い
生活習慣病の代表 死の四重奏
糖尿病の人の40〜60%が高血圧 その関係
高血圧と糖尿病の相関関係について
本当に怖い※高血圧と動脈硬化の関係
動脈硬化が起こす血管病の原因 高血圧について