本態性高血圧と二次性高血圧

本態性高血圧と二次性高血圧について

●高血圧の分類●
@本態性高血圧と二次性高血圧
高血圧には2つの型があるのをご存知でしょうか?
・本態性高血圧
 遺伝因子と環境因子(塩分摂取、肥満、アルコール、ストレス、喫煙など)が関係していると言われています。高血圧患者さんのほとんどはこちらです。
・二次性高血圧
 原因疾患があって生じる高血圧です。例えば、腎疾患によって血圧が高くなるというようなものです。原疾患の治療で改善することが多いです。

 

 

A重症度による分類
 血圧値、心血管病の危険因子、臓器障害および心血管病の有無に基づいて評価されます。

 

・血圧以外のリスク因子なし
正常高値血圧:付加リスクなし
T度高血圧 :低リスク
U度高血圧 :中等リスク
V度高血圧 :高リスク
・血圧以外のリスク因子として、糖尿病以外の1〜2個の危険因子、メタボリックシンドロームがある
正常高値血圧:中等リスク
T度高血圧 :中等リスク
U度高血圧 :高リスク
V度高血圧 :高リスク
・血圧以外のリスク因子として、糖尿病、CKD、臓器障害、心血管病、3個以上の危険因子のいずれかがある
正常高値血圧:高リスク
T度高血圧 :高リスク
U度高血圧 :高リスク
V度高血圧 :高リスク

 

 

B病気による分類
・T期
 臓器障害の徴候が認められない。
・U期
 次のうち少なくとも一つの臓器障害の自覚症状および他覚的所見が認められる。
 @左室肥大
A網膜動脈の広範な、または局所的な狭窄
B蛋白尿または血清クレアチニン濃度の軽度上昇
C超音波またはX線検査による動脈の粥状硬化所見
・V期
 高血圧による臓器障害の自覚症状および他覚的所見が認められる
 @心臓:狭心症、心筋梗塞、心不全
 A脳:一過性脳虚血発作、脳卒中、高血圧性脳症
 B眼底:網膜の出血、浸出性変化
 C腎臓:血清クレアチニン濃度の上昇(2mg/dL以上)、腎不全
 D血管:解離性大動脈瘤、症状を伴う閉鎖性病変


本態性高血圧と二次性高血圧関連ページ

高血圧とは?基礎・基本
血圧に関しての基礎知識
高血圧の検査値
血圧が高いというのはどのくらいの血圧から?ガイドラインは?
高血圧の自覚症状・合併症とは
高血圧なると、どんな体の変化、自覚症状がでるのか?
高血圧症の方の適正体重と血圧測定
正しい体重と、血圧測定で高血圧の予防や自己管理を!
高血圧の自覚症状
高血圧の自覚症状について
高血圧の合併症 死の四重奏が怖い
生活習慣病の代表 死の四重奏
糖尿病の人の40〜60%が高血圧 その関係
高血圧と糖尿病の相関関係について
高血圧とメタボリックシンドロームの関係
メタボと高血圧の関係性はどうなっているのか?
本当に怖い※高血圧と動脈硬化の関係
動脈硬化が起こす血管病の原因 高血圧について