高血圧 検査値

血圧の検査値はどれくらい?

●高血圧の基準●
日本の高血圧治療ガイドラインでは成人における血圧値の分類を次のように分類しています。

 

収縮期=血圧の高いほう (血圧の上の値という人が多い)

 

拡張期=血圧の低いほう (血圧の下の値という人が多い)

 

 

 

 

◎至適血圧
収縮期血圧120mmHg未満 かつ 拡張期血圧80mmHg未満

 

◎正常血圧
収縮期血圧130mmHg未満 かつ 拡張期血圧85mmHg未満

 

◎正常高値血圧
収縮期血圧130〜139mmHg または 拡張期血圧85〜89mmHg未満

 

◎T度高血圧
収縮期血圧140〜159mmHg または 拡張期血圧90〜99mmHg

 

◎U度高血圧
収縮期血圧160〜179mmHg または 拡張期血圧100〜109mmHg

 

◎V度高血圧
収縮期血圧180mmHg以上 または 拡張期血圧110mmHg以上

 

◎(孤立性)収縮期高血圧
収縮期血圧140mmHg以上 かつ 拡張期血圧90mmHg未満

 

 

このガイドラインでは収縮期血圧140mmHg以上、または拡張期血圧90mmHg以上を高血圧と定義しています。

 

そして、心臓血管系の合併症が特に低い血圧を至適血圧としています。正常高血圧は高血圧に行こうする可能性が高く、心血管系疾患を予防するためにも生活習慣の改善が必要とされています。

 

 

上記のは成人における血圧の基準値です。小児の場合の高血圧の基準は以下の通りです。

 

◎幼児の血圧
収縮期血圧120mmHg以上
拡張期血圧70mmHg以上

 

◎小学校 小学生の血圧(低学年)
収縮期血圧180mmHg以上
拡張期血圧80mmHg以上

 

◎小学校 小学生の血圧(高学年)
収縮期血圧135mmHg以上
拡張期血圧80mmHg以上

 

◎中学校 中学生の血圧(男子)
収縮期血圧140mmHg以上
拡張期血圧85mmHg以上

 

◎中学校 中学生の血圧(女子)
収縮期血圧135mmHg以上
拡張期血圧80mmHg以上

 

◎高等学校 高校生の血圧
収縮期血圧140mmHg以上
拡張期血圧85mmHg以上



高血圧の検査値基準!どのくらいからが高血圧の指標関連ページ

高血圧とは?基礎・基本
血圧に関しての基礎知識
本態性高血圧と二次性高血圧
本態性高血圧と二次性高血圧についての高血圧の分類
高血圧の自覚症状・合併症とは
高血圧なると、どんな体の変化、自覚症状がでるのか?
高血圧症の方の適正体重と血圧測定
正しい体重と、血圧測定で高血圧の予防や自己管理を!
高血圧の自覚症状
高血圧の自覚症状について
高血圧の合併症 死の四重奏が怖い
生活習慣病の代表 死の四重奏
糖尿病の人の40〜60%が高血圧 その関係
高血圧と糖尿病の相関関係について
高血圧とメタボリックシンドロームの関係
メタボと高血圧の関係性はどうなっているのか?
本当に怖い※高血圧と動脈硬化の関係
動脈硬化が起こす血管病の原因 高血圧について