本当に怖い※高血圧と動脈硬化の関係

高血圧と動脈硬化の関係

《高血圧と動脈硬化の関係》
高血圧の状態というのは、動脈壁にかかる圧力が異常に高い状態です。これは、血管内皮細胞に障害を与えます。
動脈壁は内膜・中膜・外膜の3層になっています。
まず、高い血圧により血管壁にかかる張力(物体を引っ張る力)に対する代償反応として中膜の平滑筋細胞は肥大・増殖して血管壁は肥厚をきたします。

 

そして、高血圧の状態というのは、動脈壁にかかる圧力が異常に高い状態です。これは、血管内皮細胞に障害を与えます。結果、血液が流れる側にある内膜では、血管内皮細胞が機能不全に陥り、リポ蛋白などの血漿成分が内皮を通過しやすくなります。また、血小板が付着・集まりやすくなり、結果、平滑筋細胞の移動・増殖を招きます。さらに、単級やリンパ球などが血管腔から内膜へ移行し、マクロファージとなって脂質を蓄積し、結果、粥状動脈硬化巣を作ります。

 

これら、粥状動脈硬化と中膜壊死が重換気病の発症、進展を招きます。

 

動脈硬化が進むと、動脈硬化が起こったところによって異なりますが、脳の動脈硬化であると脳梗塞や脳出血、冠動脈の動脈硬化では狭心症や心筋梗塞、腎臓の動脈硬化では腎血管性高血圧症や尿毒症、大動脈の硬化症では手足の冷感や間歇性跛行などが起こる可能性があります。

 

動脈硬化の恐ろしさを知った上で高血圧を予防することも大事だと思います。


本当に怖い※高血圧と動脈硬化の関係関連ページ

高血圧とは?基礎・基本
血圧に関しての基礎知識
高血圧の検査値
血圧が高いというのはどのくらいの血圧から?ガイドラインは?
本態性高血圧と二次性高血圧
本態性高血圧と二次性高血圧についての高血圧の分類
高血圧の自覚症状・合併症とは
高血圧なると、どんな体の変化、自覚症状がでるのか?
高血圧症の方の適正体重と血圧測定
正しい体重と、血圧測定で高血圧の予防や自己管理を!
高血圧の自覚症状
高血圧の自覚症状について
高血圧の合併症 死の四重奏が怖い
生活習慣病の代表 死の四重奏
糖尿病の人の40〜60%が高血圧 その関係
高血圧と糖尿病の相関関係について
高血圧とメタボリックシンドロームの関係
メタボと高血圧の関係性はどうなっているのか?